create_child_page: NotionRubyMapping 解説 (82)

はじめに

NotionRubyMapping 解説の第82回目です。すでにいくつかのアプリの紹介の時に使われていた create_child_page を解説します。まず、以前使っていたデータベースを取得します。

parent

irb(main):002> db = Database.find "https://www.notion.so/hkob/cad035c49e5346e78331cb5d05cbc754?v=a03e96ed79ad4d35808e7a08583396a0&pvs=4"
=> NotionRubyMapping::Database-cad035c49e5346e78331cb5d05cbc754

create_child_page

create_child_page は単に呼び出すだけだと空のページを作成します。このメソッドはブロックを受け付け、ブロック内でページやプロパティを設定できます。ここで p はページ、pp はプロパティを示します。これまで解説してきたプロパティを一気に設定してみます。

page = db.create_child_page do |p, pp|
    pp["Check box"].checkbox = true
    pp["Date"].start_date = Date.today
    pp["Email"].email = "xyz@example.com"
    pp["MultiSelect"].multi_select = %w[macOS]
    pp["Number"].number = 555
    pp["PhoneNumber"].phone_number = "090-AAAA-BBBB"
    pp["RichText"] << "ABC"
    pp["Select"].select = "Tokyo"
    pp["Url"].url = "https://hkob.notion.site"
    pp["Status"].status = "完了"
end

created page

おわりに

今日は、データベース内にページを作成する create_child_page を解説しました。

create_child_page のマニュアルはこちらです。その他のマニュアルもここから見てください。

create_child_page

NotionRubyMapping解説